撮影モードについて

Timeviewer264の撮影モードは、表示スケールの変更などの煩わしさを気にせずに撮影します。

例えば、

1.サンプルごとに撮影するのではなく、一日の観察を丸ごと撮影する。
2.通常ならばタイムラプス撮影を選択するしかないような長時間撮影を行う。

といった用途に適しています。

顕微鏡観察を例にとれば、対物レンズの変更に伴う表示スケールの再設定、あるいは録画や録画停止の指示といった手間から観察者を開放します。

Timeviewer264においては、スケール表示や記録範囲の決定といった撮影の本質と関係のない作業は、すべて再生モードで行います。

時系列変化の表現にすぐれたタイムラプス再生も、再生モード内で、再生範囲や時間間隔を任意に変更して行えますので、撮影時にそれらの問題を考慮する必要がありません。

十分な空き容量のハードディスクとTimeviewer264を用意することで、観察者は観察それ自体に専念できます。

必要なハードディスク空き容量について

撮影に必要とされるハードディスクの容量は、動画の縦横のサイズや撮影対象の状態により異なりますが、比較的変化の少ない顕微鏡26日間連続撮影の例では(画像サイズ:1280×720)、1.06TB必要でした。 (2TBのポータブルハードディスクを使用。製品ページTopの上部に表示されている画像の撮影です。)

撮影は、録画するハードディスクドライブを指定して行いますが、最低2GBの空き容量が必要です。

撮影時に、空き容量が200MBを切ると撮影は自動的に終了しますのでご注意ください。

ビデオカメラあるいはデジタルカメラについて

Timeviewer264では、ビデオカメラ(あるいはデジタルカメラ)の録画機能は使用しません。カメラのスタンバイ状態の画像をHDMI接続でシステムに出力します。

このようにビデオカメラ(あるいはデジタルカメラ)のモニターに表示されている映像を、TVやディスプレイやなどの機器に(録画することなく)直接出力することをスルー出力と呼びます。

カメラの機種によってはスルー出力出来ないものがありますのでご注意ください。 また、一部の機種では、スルー出力は出来ても、一定時間で強制的にスリープ状態になるものもあるようです。このような機種も撮影に使用できません。

『MonsterHD264』の仕様による入力解像度の制限もあります。顕微鏡専用の特殊カメラ等を接続する場合は、特にご注意ください。

※HDMI出力のないビデオカメラ等を使用する場合は、HDMIへの変換機器を使用してください。製品については例えば”HDMI 変換 S端子”のようなキーワードで検索してください。

使用可能な入力解像度一覧 1920x1080 30p
1920x1080 24p
1920x1080 60i
1280x720 60p
720x480 60p

※いくつかのメーカに問い合わせましたが上記の条件を満たす機種は少なくないようです。ただし民生品の場合、数週間を超えるような連続撮影は保証の範囲外になる可能性があるとのことです。

出力ファイル形式

Timeviewer264の出力ファイル形式はMP4です。
解像度は、入力解像度と同じです。フレームレートは30fps、音声データは保存されません。

画像の明るさ等は、フォーカスとともにビデオカメラ(あるいはデジタルカメラ)で設定してください。

撮影時の機器接続

撮影モードでは、下図のようにHDMI出力の可能なビデオカメラやデジタルカメラおよびMonsterHD264をWindows PCに接続します。(間にHDMI分配器をはさみます)

撮影モード

※上記の機器のうち、PC、ビデオカメラ、HDMIケーブル(カメラ付属のもの)は、本システムに含まれませんのでご注意ください。
      (USBケーブルはMonsterHD264に含まれます)

※PC、ビデオカメラ、HDMI分配器用のAC電源が必要になります。

※MonsterHD264は電源を必要としませんが、パソコンのUSBポートに直接接続して使用してください。(USBハブは使用しないでください)

他システム記録時の機器接続

撮影モードでは、下図のように他PCのシステムの表示を動画として記録可能です。お使いのシステムの詳細により必要機器の構成は変わりますのでお問い合わせください。

撮影モード

撮影前のご注意

撮影前には、以下の点にご注意ください。

1.パソコンのOSやウイルスソフトなどの自動更新モードを、オフあるいは通知モードにする。
2.十分な空き容量のハードディスクを用意する。
3.ビデオカメラの設定を行う。
4.安定した撮影のため他のソフトを終了させる。

1.についてですが、撮影中にOSやソフトウェアの自動更新でパソコンが再起動することを避けるためです。

2.についてですが、USB端子で外付けするハードディスクは使用できますが、USBメモリーは録画に使用できませんのでご注意ください。(USBメモリーにコピーして再生モードで使用することはできます)

3.についてですが、ビデオカメラの出力解像度、明るさ等の調節、フォーカスセットは撮影前に行ってください。特に出力解像度の変更を撮影中に行うことは予期せぬ問題を起こします。 また、特に顕微鏡撮影においては、対眼レンズでのフォーカスとビデオカメラのフォーカスを合わせておかないと観察作業に支障があるかもしれませんのでご留意ください。

顕微鏡撮影におけるビデオカメラのズーム機能の使用にあたっては、メリットとデメリットがあります。メリットは通常の対物レンズ以上の倍率での観察を可能にすること。 デメリットは撮影視野が狭くなることと画質が荒れる可能性があることです。再生時にも、ある程度の拡大機能があることを念頭にズーム倍率を決めていただければと思います。

撮影

録画は、動画を保存するハードディスクドライブを指定して”録画ボタン”をクリックすることで開始されます。その時点で指定ドライブに保存のためのフォルダが自動的に作成されます。 フォルダ名は、以下の形式です。REC_YYYY_MM_DD_HH_MM_SS。YYYY_MM_DD_HH_MM_SSは、撮影日時の西暦年_月_日_時_分_秒です。

撮影された動画は、撮影開始時間に基づいて作成されたフォルダ内に長さ5分の動画として保存されます。(4分半ごとに次の動画の撮影を行います。)

これらの動画は、合計撮影時間が一か月を超える長さであっても、再生モードでつなぎ目なしにあたかも単一の動画のように再生されます。

撮影時間の情報は再生時に表示されます。顕微鏡撮影などスケールが必要な場合、複数のスケール表示設定を保存できます。表示自体は、時間情報同様、再生時に行いますので途中で対物レンズの変更等を行っても問題ありません。

また補助的な機能ではありますが、1分ごとに静止画像の保存を行っているので、撮影しながら、例えば1時間前の状態を比較確認できます。

撮影時の注意点

撮影自体は簡単ですが、本システム特有の注意点がいくつかあります。

本システムでは動画像は、ビデオカメラからMonsterHD264による圧縮処理を経由してパソコンにわたるわけですが、ソフト上に表示される動画と実際の動きには無視できないタイムラグがあります。(数秒以上のこともあります)

従って、パソコン画面の動画像をもとに位置合わせやフォーカスを行うことは困難です。顕微鏡の対眼レンズやビデオカメラの表示画面など、圧縮処理を行っていない画像で調整してください。

またこれも圧縮処理に関連することですが、パソコン上の動画像は、時間の進みが一定とは限りません。止まっているように見えたり、急激に動くことがありますが正常です。 再生時には、正しく再生されます。そのような現象もあると念頭に置けば、混乱するほどではありませんが、ご注意ください。

録画しつつ、大画面で表示したい場合は、HDMI分配器の出力が3以上のものを用意して、3番目の分岐を直接、表示専用のディスプレイに出力するという方法もあります。 スペースやコスト、電源の問題がないならば考慮に値するかもしれません。

※本システムでは撮影にあたり、2つのプログラムを連携させています。その為、通常は起こりませんが、撮影切り替え直後のプログラムが前面に表示されることがあります。 その場合、一時的に動画表示画面が灰色一色に見えることがありますが、一時的な現象です。