再生モードについて

Timeviewer264の再生モードは、撮影モードで撮影した動画を以下のような機能で再生します。

1.再生速度(0.1倍から10倍)を選んでの再生機能
2.再生範囲と再生間隔(1秒から240時間)を選んでのタイムラプス再生機能
3.時間情報やスケール情報の表示機能
4.多彩な表示位置変更機能
5.重要なシーンのブックマーク機能およびタイムラプス再生範囲の記録機能
6.表示位置を決めてのズーム機能(再生、タイムラプス再生ともに可能)
7.各シーンの静止画撮影並びにタイムラプス撮影機能

※音声は再生されません。

※プログラムの安定動作のため、一定のファイル読み込み回数でプログラムの再起動を行っています。
    お使いのパソコンによっては一瞬、ソフトが見えなくなることがありますが問題ありません。

※表示時間は、厳密な時間は圧縮処理にかかった時間がわからないため、秒の単位での正確さは保証できません。(1~2秒ずれる可能性があります)
    同様の理由で、動画と動画の位置合わせも、可能な限り正確を期していますが、厳密ではありません。
    再生時の違和感はほぼないですが、フレーム単位(30分の1秒)で移動した場合、ズレが目立つ可能性があります。

再生時の機器接続

再生モードでは、下図のようにPCとMonsterHD264を接続します。

再生モード

※上記の機器のうち、PCは、本システムに含まれませんのでご注意ください。(USBケーブルはMonsterHD264に含まれます)

最低一台のMonsterHD264をパソコン本体に接続してください。(接続機器の認識のために必要です。)

再生速度について

Timeviewer264は、撮影した動画を再生速度を変更して再生できます。

下記の動画は、再生速度を、通常、5倍、10倍、0.5倍、0.1倍のそれぞれに変更した例です。

※被写体である微生物のストレスを避けるため光源が暗くなっています。このような場合、撮影前にビデオカメラの明るさ調整を行うのが良いでしょう。

タイムラプス再生について

Timeviewer264は、範囲と時間間隔を指定して、タイムラプス再生を行えます。また1から始まる連番をファイル名とした静止画撮影も可能です。

下記の動画は、同じ範囲に対して、1時間、2時間のそれぞれの時間間隔でタイムラプス再生した例です。

※プログラムの安定動作のため、一定のファイル読み込み回数でプログラムの再起動を行っています。

※被写体である微生物のストレスを避けるため光源が暗くなっています。このような場合、撮影前にビデオカメラの明るさ調整を行うのが良いでしょう。

時間情報やスケール情報の表示

再生モードでは、時間情報やスケール情報の表示を選択できます。選択肢は、上部に表示・下部に表示・表示しないの3通りです。

スケールについては、登録されたスケールから一つを選ぶか、あるいは表示させないことができます。(時間情報だけを表示させないことはできません)

下記の図は、『スケール登録ボタン』をクリックしてスケール登録画面を表示させたところです。この機能を使うためには、あらかじめ、スケールの判断のつくサンプルを撮影しておいてください。 登録された情報は、登録したパソコンに保持されますので、倍率やズームが同じならば、他の動画にも使用できます。

※スケールの登録は、ビデオの出力サイズごとに登録されます。複数の出力サイズを使用するならば、出力サイズごとにスケールの撮影も行ってください。

スケール登録

※スケールの登録は、ビデオの出力サイズごとに登録されます。出力サイズの変更を行うならば、標準となるスケールの撮影も行ってください。

表示時間の移動

表示時間の移動には、ボタンをクリックしての移動と、録画範囲全体あるいは選択された再生範囲の一点をクリックしての移動に分けられます。

下の2つの図は、それぞれの機能を説明したものです。移動間隔を0.5倍あるいは2倍にする機能と、その間隔で前後に移動する機能を組み合わせることで、特定の『変化』を容易に探し出すことができます。

表示時間移動1
表示時間移動2

ブックマークと範囲設定

特定シーンをブックマークとして保存することができます。また、タイムラプスとしての撮影範囲を保存することもできます。これらの情報は、録画されたフォルダ内に保存されます。

ブックマークと範囲保存

ズーム機能

再生中に特定のポイントを中心にズームすることができます。

ズームした状態で、早送りやタイムラプス再生も可能です。(パソコンの能力によってはコマ落ちする可能性があります。)

下記の動画は、ズーム後に、早送りとタイムラプスを実行したものです。

※被写体である微生物のストレスを避けるため光源が暗くなっています。このような場合、撮影前にビデオカメラの明るさ調整を行うのが良いでしょう。

撮影機能

再生中に特定のシーンを撮影することができます。その際、ズームをしていてもかまいません。ファイル名は、時間情報と倍率情報からなる一意の名称です。 二度以上撮影すると、確認なしに上書きされますのでご注意ください。

同様にタイムラプス撮影も可能です。この場合、ファイル名は1からの連番になります。撮影ごとに保存フォルダを作成しますので、連続しての撮影も可能です。 ただし、空き容量が200MBを切ると、撮影は強制的に終了されますのでご注意ください。

下記の動画は、10分ごとのタイムラプス撮影を、ズーム無しとズーム有りで行った静止画を、Windows付属のムービーメーカーで動画にしたものです。

※被写体である微生物のストレスを避けるため光源が暗くなっています。このような場合、撮影前にビデオカメラの明るさ調整を行うのが良いでしょう。